pageMainVisual
mask
pageMainVisual mask

ほんとうに治したいのは、
頭のゆがみの常識です。

頭のゆがみと治療の大切さ

About head reshaping

頭蓋変形について

赤ちゃんの頭のゆがみは、
専門医による早期診断が「鍵」です。

赤ちゃんの頭の歪みは、向き癖などの外部圧力が主な原因です。しかし、稀に病的変形(頭蓋縫合早期癒合症など)があります。それらの見極めは難しく、専門医による早期の診断/検査/治療が必要です。

頭のゆがみは、
大きく3つの種類があります。

赤ちゃんの頭の歪みは、大きく3つに分けられます。「斜頭症」「短頭症」「長頭症」です。ヘルメット治療の必要性は形状ごとではなく、歪みの強さや原因によって決まります。

  • 向き癖などが原因による「斜頭症」
    後頭部が斜めに歪んだ症状。就寝/授乳時に左右一方への向きグセ、産前の子宮内環境(子宮内が狭いなど)が原因とされます。

  • いわゆる絶壁の「短頭症」
    後頭部が丸みを帯びず平坦になっている症状。いわゆる絶壁(ゼッペキ)呼ばれるもの。仰向け寝が主な原因とされます。

  • 横向き寝による「長頭症」
    後頭部が大きく突き出した症状。横向き寝が主な原因です。長頭症は病的変形の特徴と似ているため、医師の早期診断が必要です。

  • 向き癖などが原因による「斜頭症」
    後頭部が斜めに歪んだ症状。就寝/授乳時に左右一方への向きグセ、産前の子宮内環境(子宮内が狭いなど)が原因とされます。

  • いわゆる絶壁の「短頭症」
    後頭部が丸みを帯びず平坦になっている症状。いわゆる絶壁(ゼッペキ)呼ばれるもの。仰向け寝が主な原因とされます。

  • 横向き寝による「長頭症」
    後頭部が大きく突き出した症状。横向き寝が主な原因です。長頭症は病的変形の特徴と似ているため、医師の早期診断が必要です。

ヘルメット治療について

ヘルメット治療の適齢期は、
生後2〜8ヶ月。一日も早く、ご相談を。

頭の歪みを矯正するヘルメット治療は、頭を保護しながら最適な加圧を与え、歪み改善を図ります。適齢期は生後2〜8カ月ですが、一日も早い診察/検査が重要です。骨の柔らかさなどには個人差があるためです。まずは専門医に、早め早めのご相談を。当院採用の「アイメット」の詳細はこちら

当院でのヘルメット治療の流れ

  • STEP1

    レントゲンで計測する

    レントゲンにより、病的な頭蓋変形(頭蓋縫合早期癒合症)でないかを確認します。

  • STEP2

    ゆがみレベルをスキャン

    病的な頭蓋変形ではないと確認ができたら、3Dスキャナーにより頭部の形状を計測し重症度を判定、ヘルメット治療の適応を判断します。
    ※保護者の方がヘルメット治療を希望される場合、同意書にご署名頂きます。

  • STEP3

    ヘルメットをつくる

    現在の頭の形と最終的な頭の形を想定したオーダーメイドのヘルメットを作成

  • STEP4

    治療スタート

    初診から2週間後、ヘルメット装着開始。基本的には入浴以外の1日23時間、半年〜1年間程度の装着を推奨しています(個人によって期間が異なります)。

  • STEP5

    定期的な診察

    約2〜4週間ごとに診察を行い、ヘルメットの微調整を行います。

  • STEP6

    治療終了

    治療終了時期は専門医が判断します。目安としては、頭蓋骨の継ぎ目である「大泉門」の閉じ具合と頭蓋骨自体が硬くなるタイミングです。

治療費

  • 初診料
  • 5500円(スキャン代込み,税込)
  • ヘルメット治療費 *
  • 550,000円(再診療込,税込)
  • ヘルメット本体価格、再診料、3Dデータ加工及びクッション貼替え加工費を全て含む。